ABOUT US

商品イメージ

LIRIoのスキンケア

オイルではなく水で潤す。オイルフリーのスキンケア。
ヒトの体は、胎児で体重の約90%、新生児で約75%、子どもで約70%、成人では約60~65%、老人では50~55%が水で満たされている。
生まれたてでも、歳を重ねても、もちろん性別なんて関係なく、私たちはみんな同じように水を必要とする。

スキンケアの役割は決して単に与える事ではなく、元々お肌が持っている機能をサポート・維持し最大限に高める事であると、私たちは考える。
なので、LIRIoのスキンケアは与え過ぎない。肌の持つ本来の機能を最大限に引き出すため、与えるのではなく「生かす」ことにフォーカスしています。

ブランド名は、創業者の名前から来ており、LIRIoはスペイン語でユリ(Lily)を意味する。その花言葉のである「純粋」「無垢」をコンセプトにLIRIoは、よりシンプルに、ムダを削ぎ落すことでお肌への負担が極力少なく、また心地よく使える化粧品づくりを追求している。

brand concept

BRAND CONCEPT

「それは美しい(と思えばいい)」
何を美しいと思うかは、人それぞれ。
美しいと思えば、きっとそれは美しい。
固定観念に振り回されて、自分のことすら見失いがちな現代の中で私たちは、お客様一人ひとりに心から満足して、また日々の生活の中で安心してお使いいただける商品づくりを心がけています。

eco friendly

ECO Friendry

持続可能な資源を由来とする原材料選び。
またパッケージの紙には森林伐採を配慮し、サトウキビやトウモロコシを搾汁した際に出る絞りかすを主原料にした紙を利用するなど、肌だけでなく地球に対して優しい商品であること。

the founder 馬頭百里

The Founder 馬頭 百里

30代の数年間、船乗りであった夫の仕事の都合で標高2800メートルの赤道直下の国・南米エクアドルに在住。そこは強烈な紫外線と乾燥の地で、お肌にとって非常に過酷な環境だった。日本に帰国後も長年にわたり様々な化粧品を試したが、シワ・シミなどのダメージに悩まされ続けた。
その経験から、「自分と同じ悩みを持つ誰もが健康な素肌になれる化粧品を創ろう」と決意。幾つもの試作を経て、1996年5月、彼女の経験と想いが込められたLIRIoが誕生。

the founder 馬頭利里夫

現CEO 馬頭 利里夫

東京都生まれ。
私立暁星国際高等学校卒業後、ロンドン芸術大学(UAL)デザインコースを経て、バッキンガム大学に入学、経営・経済学を学ぶ。
帰国後2017年4月、株式会社アルビオン(東京本社)に入社。海外事業部にて経験を積む。
2018年より、ニューヨークオフィスに赴任。 財務・マーチャンダイジング・代理店契約などを中心とした業務を担う。
2019年4月末にてアルビオンを退社。
2019年6月、LIRIoの運営会社である株式会社バローロのCEOに就任。

PRODUCTS

ご注文・お問い合わせは0120-187-017